お知らせ

重陽の節句

2020.09.09

今日9月9日は「重陽の節句」、平安時代の初めに中国から伝わったとされています。

(先生のご講義に興味を感じ、ネットで詳しく調べてみました)

重陽の節句に欠かせないのが「菊」。旧暦で菊の花が咲く季節であることから

別名「菊の節句」とも呼びます。(そういえば3月3日は桃の節句)

古来中国には、菊の花から滴り落ちる露が川に落ち、その川の水を飲んだ者が長寿になったという

「菊水伝説」があります。新潟の酒「菊水」は、ひょっとしてこの伝説のあやかって??でしょうか。

また、重陽の節句は「大人の雛飾り」とも呼ばれ、おとなの女性が健康や幸せを願って雛人形を飾ります。

長寿を願う菊の花びらを浮かべたお酒や栗ご飯など、「飲んで、食べて、見て」が重陽の節句の楽しみ方。

そこで、フラワーアレンジメント講座は白い菊をふんだんに使って洋風にアレンジしました。

受講風景からUPします。どうぞご覧ください。